突き指をしてしまったときの対処法について

ドッチボールやバレーボールで

小中学校で、バスケットボールやドッジボールなどの球技の時につき指をしてしまった経験はありませんか?

指が曲がらない状態まで腫れあがったり、曲がったままになったり、じんじんと痛みが起きたりします。

つき指は、指の先から強い衝撃が加わって、指の組織に損傷が起きた状態です。
 

突き指とは

「つき指」は、医学的な用語ではありません。

ねんざ、靭帯損傷、骨折、脱臼、打撲、腱断裂などの様々な症状の総称です。

野球やバスケットボール、バレーボールなどの球技で起こりやすく、スポーツ外傷と言われます。

たかが突き指と思っていると、骨折によって腫れあがったり、脱臼していた…なんてこともありますので、痛みが長引いたり、腫れ方がおかしいと感じたら、専門家に診てもらいましょう。

突き指をした時は、指の関節を支える役割のじん帯、または腱を痛めている状態です。

骨折や、腱が切れた状態の時は、内出血をして大きく腫れます。
 

突き指の症状

突き指をして、正面から指が押された感じがするために無理に指を引っ張る人がたまに見受けられます。

これは危険なのでタブーです。

痛めた指を引っ張ると、さらに傷つけることがあります。

突き指をしたら、とにかく安静にしてください。

患部を冷やすと、痛みも少しは和らぎます。
 

突き指の対処方法

突き指の応急処置は…

  • 1.安静に
  • 2.冷却する
  • 3.圧迫・固定
  • 4.手を挙げる

突き指をした後は、安静にして患部を動かさないことが大切です。

突き指をしたところに徐々に血液が集まり内出血が起き、腫れてきます。

腫れをおさえるために冷やしたり、固定して動かさないようにしましょう。

ズキズキと傷みだすかと思います。

指を心臓より高く挙げると炎症や内出血が抑えらることが期待できます。

腫れや痛みが長引く、痛みが強い場合などは、早めに整骨院・接骨院・医療機関で診てもらいましょう。