ぎっくり腰

「ぎっくり腰」とは

ぎっくり腰(急性腰痛)は、重いものを持つなどした拍子に、腰の激痛とともに動けなくなってしまう症状のことを言います。

多くの場合、1~2週間ほどで自然に回復に向かいますが、2週間の間自宅療養というのは現実的に難しいため、早めに痛みの改善をする必要があります。
 

「ぎっくり腰」の原因

ぎっくり腰の痛みの原因はさまざまですが、多くは、腰の中の関節や軟骨に大きな負担がかかって損傷した状態、腰を支える筋肉やすじなどの組織の損傷などによるものと考えられます。
 

「ぎっくり腰」の症状

ぎっくり腰の症状は、とにかく腰の強い痛みです。

少し動くと激痛が走るため、自由に歩くことや、大勢を変えることも苦痛となる場合があり、その症状は日常生活に支障をきたすレベルのものとなります。

下肢に痺れがある場合などは、椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症の可能性もありますので、そういった場合には必ず整形外科を受診するようにしましょう。
 

「ぎっくり腰」の治療方法

ぎっくり腰の治療においては、痛みの緩和が非常に重要となります。

指圧やマッサージによる刺激は症状を悪化させる可能性が高いため、基本的には温めて血行をよくする治療が中心となります。