四十肩・五十肩

「四十肩・五十肩」とは

四十肩(しじゅうかた)・五十肩(ごじゅうかた)は、いずれも「肩関節周囲炎」と呼ばれる病気です。

40代、50代で発症するケースが多いため、四十肩、五十肩と呼ばれますが、いずれも同じものです。

発症初期の「急性期」では、肩周辺から指先にかけて、痺れるほどの強い痛みが現れ、自由に肩を動かすことが困難になります。
 

「四十肩・五十肩」の原因と症状

四十肩・五十肩の直接的な原因は、「肩関節周囲炎」の病名の通り、炎症による痛みの発生です。

根本的な原因については、姿勢の悪さや、寝不足、偏食、血行不良など生活習慣によるものが挙げられます。

痛みが非常に強い発症当初の「急性期」で数日間~数週間、完治するまでには長い場合、1年以上かかることもあります。

日常生活に支障が出るため、痛みを抑えながら治療を行う必要があります。
 

「四十肩・五十肩」の治療方法

まずは、痛みのが本当に四十肩・五十肩によるものであるかを確認するところからはじめます。

症状の奥に別の疾患が隠れている場合もありますので、その際には整形外科の受診を勧める場合もあります。

主な治療内容は、血行促進による痛みの緩和、また、整体による根本原因の除去となります。

それと合わせて、生活習慣の改善などのアドバイスもさせて頂きます。